フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

営業時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/日曜10:00〜19:00) 休館日:木曜

水泳を始められた方へ⑩

水泳を始められた方へ⑩

ツイートする

こんにちは!スタッフの三井です。
水泳を始められた方へシリーズ第10弾!!

今回は、バタフライのキックについて
お伝えします。

クロール、背泳ぎ、平泳ぎについては、
ブログ「水泳を始められた方へ①〜⑨」を
参考にしてみてください。


それでは、バタフライのキックのポイントを
お伝えいたします。
バタフライのキックは、クロールや背泳ぎと
同様、足の甲で水を蹴って行いますが、
両足を揃えてキックする点が違います。

まずは、両足を揃えて足の甲でキックが
出来ているか確認してみましょう。

次に、キックの打ち方の練習をしていきます。
バタフライのキックには、
第一キック、第二キックと呼ばれる2種類の
打ち方があります。
第一キック


第一キックは、水を深く蹴り込むことで、
前に進む力をつくるキックです。
軽く膝を曲げ、キックを打つときに
腰が持ち上がるようにキックをします。
このとき足だけでなく全身を使いうねりを
作るようにして行います。
蹴り終わったら、腰を沈めながら身体を
伸ばし、その動きを使って足を元に
戻しましょう。

第二キック


第二キックは、体を浮き上がらせる
タイミングで行い、水中に沈んだ体を
水面に持ち上げるキックです。
第一キック後、身体がもとに戻ってきた
タイミングで膝を伸ばす動きで行います。
膝は曲げようとせず第一キックで
足が戻ってきた反動で曲がった膝を伸ばす
動きになります。
気をつけるポイントは第一キックのように
腰が持ち上がらないようにしていきましょう。

バタフライは、キックのメリハリと
タイミングを合わすことで、とても楽に
泳げるようになりますので、慌てずに
タイミングを合わせて泳いでいきましょう。

バタフライのキックの動画もありますので、
是非、参考にして下さい。


動画の再生は、下の画像をクリック


メリハリをつけて楽なバタフライ

記事一覧へ

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事