フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

営業時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/日曜10:00〜19:00) 休館日:木曜

健康チェック

健康チェック

ツイートする

今日の話題は
皆さん1度は行った
ことがあると思われる

片足立ちテストで
〇〇が分かるかも
という論文が発表
されました。

読んだ後に
片足立ちに
チャレンジしてみて
下さい。


簡単そうに思う、
片足で10秒間立ち続けるのは
意外に難しいようです。
それができるかできないかが、
10年以内の死亡リスクの
評価指標となり得る
新たな論文が報告されました。
運動医学クリニック
CLINIMEX(ブラジル)の
Claudio Araujo氏らの研究によるもので、
詳細は「British Journal of Sports Medicine」
6月21日掲載

Araujo氏によると、
有酸素運動能力や筋力、柔軟性などが
加齢とともに徐々に低下していくのとは異なり、
バランス能力は60歳ぐらいまで
かなりよく維持されているという。
しかしその後、急速に低下するとのこと
同氏らは、
「10秒間の片足立ちで静的バランスを
簡便に評価できる。
高齢者の定期健診に組み込むべきだ」と
提案している。

この研究の解析対象者は、
1994年にスタートした
CLINIMEX運動科学研究の参加者のうち、
2008~2020年に登録された
51~75歳の中高年者1,702人
(平均年齢61.7±6.8歳、男性68%、BMI27.6±4.5)。
起立して両手を下げた状態で
何にもつかまらず、
片足を上げて、その足の甲をもう一方の足
(地についている方)のふくらはぎの裏につけ、
その姿勢を10秒間維持できるか否かを評価した。

その結果、20.4%がこれをできなかった。
10秒間片足立ちができなかった群は、
できた群に比べて
肥満、心臓病、高血圧、
脂質異常症、2型糖尿病などの
有病率が有意に高かった。
特に糖尿病の有病率に関しては、
3倍もの差が存在していた。

10秒間片足立ちができなかった人
の割合を年齢層別に見ると、
51~55歳は4.7%、
56~60歳は8.1%、
61~65歳は17.8%、
66~70歳では36.8%であり、
71~75歳は半数以上(53.6%)だった。
つまり、50歳以降の20年強の年齢差で、
このテストができない人の割合が
11倍以上に広がった。

このテストを行った後、
7年間(中央値)追跡したところ、
7.2%の死亡が確認された。
死亡原因は
がん32%
心臓病30%
呼吸器疾患9%、
新型コロナウイルス感染症7%
などであり、
10秒間片足立ちができたか否かは、
このような死亡原因の傾向に
影響を及ぼしていなかった。
ただし、10秒間片足立ちができた人の
死亡率は4.6%であるのに対して、
できなかった人は17.5%だった。

両群の生存率の推移に有意差が確認され
また、年齢、性別、BMI、併存疾患の
影響を調整後に全死亡リスクを比較すると、
10秒間片足立ちができない群は
84%高リスクだった


著者らは、本研究は観察研究のため、
10秒間片足立ちの検査結果と死亡リスクとの
因果関係に言及することはできないとしている。
また、研究参加者は全員、
白人系ブラジル人であり、
この結果をほかの地域・民族へ適用するには、
その集団での検証が必要という。
さらに、過去の転倒歴、食事・喫煙・運動習慣、
バランス能力を低下させ得る
薬剤の服用などの影響を評価していないことも、
本研究の限界として挙げている。

論文ではそれら解釈上の
留意点を述べた上で、
「10秒間片足立ち検査は静的バランス能力
を簡便に評価でき、
中高年者の死亡リスクに
関する有用な情報を得られる」
と結論付けていました。

スポーツの秋を
ピノスで楽しみながら
健康作りしましょう。

記事一覧へ

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事