フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

営業時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/日曜10:00〜19:00) 休館日:木曜

お忙しい方へ

お忙しい方へ

ツイートする

今日は、お忙しい方に
ぜひ、読んでいただきたい
最新の健康情報です。

毎日エクササイズする時間を
確保するのはなかなか難しい。
そんな中、
「平日はジムに行けなくても気にしなくていい」
というエビデンスが出ました。

トータルの運動量が同じであれば、
毎日エクササイズするのも
週末だけエクササイズするのも、
健康には同じ効果があることが明らかに。

ブラジルのサンパウロ連邦大学の
運動生理学研究者
マウリシオ・ドス・サントスが率いた
国際的研究では、
1997年~2013年の健康調査
(National Health Interview Survey=NHIS)
から集められたアメリカの35万人以上の
公衆衛生データを分析。

研究者は、
「1週間に推奨されるレベルの運動を
週末にまとめて行うのと、
日常的に行うとでは、
死亡率に影響があるか?」
という疑問について調査した。

言い換えれば、週末にまとめて
運動しても構わないのか、
それとも平日に分散させてやったほうが
よりいいのかという質問です。
過去の研究から、週末だけ運動する人に
健康メリットがあるのはわかっていたが、
1週間に1・2回しか運動しないのと、
もっと頻繁に日常的に運動するのとでは
どのような違いがあるのか、
特に死亡リスクを下げるという意味で
違いがあるのかといった疑問は、
これまで示されてこなかった。

週末だけ運動する人たちと、
平日に日常的に運動する人たちの
グループを比較してみた結果、
研究者たちは原因を問わない死亡リスクを
下げるという意味では
2つのグループにはほとんど
差がないことを発見した。
特にがんや心疾患の
死亡リスクではそうだった。

「あまり運動しない人と比較して、
週末だけ運動する人の原因を問わない
死亡率のハザード比(危険率)は0.92で、
日常的に運動する人は0.85。
死因別死亡率の結果は同様だった」
としています。

ハザード比1というのは、
2つのグループの生存に違いはない
ことを意味していて
どちらのハザード比も1に
非常に近かったということは、
週末だけ運動する人と
日常的に運動する人の死亡率は
非常に似通っているということです。

研究論文執筆者は、研究結果は
「週末だけにせよ日常的にせよ、
活発に運動する人は、
あまり運動しない人より、
原因を問わない死亡率も死因別死亡率も低い」
と示唆するものだと書いていています。

2つのグループを比較して
際立った違いがないことから、
執筆者たちは
「推奨されるレベルの運動を行う人は、
平日を通して行っても、
数日間に集中して行っても、
同じメリットを得られる可能性がある」
と結論づけました。

週末に定期的にピノスで運動することは
様々な健康リスクを下げる効果が
あるようです。

更に、忙しい時と
そうでない時には
来館頻度を変えても
継続していることで
健康作りしていることを
自覚していただきたいのです。

頻度よりも継続を大事に
したいですね。


毎日、お忙しくされている
皆さま、ご来館お待ちしております。



記事一覧へ

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事