フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

営業時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/休日10:00〜19:00) 休館日:木曜

BMIで〇〇がお得に

BMIで〇〇がお得に

ツイートする

BMIをご存知でしょうか?
知っていると、様々なサービスが
受けられるようになる可能性があります。

厚生労働省 e-ヘルスネットによると

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値。
肥満や低体重(やせ)の判定に用いる。
肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、
計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なり、
WHO(世界保健機構)の基準では
30以上を”Obese”(肥満)としています。
日本肥満学会の定めた基準では
18.5未満が「低体重(やせ)」、
18.5以上25未満が「普通体重」、
25以上が「肥満」で、
肥満はその度合いによってさらに
「肥満1」から「肥満4」に分類されます。
BMIが22になるときの体重が標準体重で、
最も病気になりにくい状態であるとされています。
25を超えると脂質異常症や糖尿病、高血圧などの
生活習慣病のリスクが2倍以上になり、
30を超えると高度な肥満としてより積極的な
減量治療を要するものとされています。
なお内臓脂肪の蓄積は必ずしもBMIと相関しないため、
メタボリックシンドロームの診断基準には盛りこまれていませんが、
メタボリックシンドローム予備軍を拾い上げる意味で
特定健診・特定保健指導の基準にはBMIが採用されています。
(ここまで)

このBMIにより医療保険の掛け金や

ポイントがもらえるサービスが増えています。

それだけ健康寿命や罹患率と関係があることが

データから分かってきたことが明確である

ように思うのです。

身長と体重の割合から算出される数値で

あることから、成人で身長が急激に伸びる

ことは考えられないので

体重をコントロールすることが

重要であることが分かります。

記事一覧へ

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事