フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

受付時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/休日10:00〜19:00) 休館日:木曜

フレイルについて

フレイルについて

ツイートする

「フレイル」という言葉を最近
頻繁に聞くようになったと
感じられらませんか?

理由は各自治体で今年から
75歳以上を対象とした
住民健診でチェックを始めた
ことと関係しているようです。

意味は
高齢になって心身の活力が
落ちた状態をさす。
「虚弱」を意味する英語
Frailtyが
もとになっています。

健康と介護が必要な状態の
中間に位置づけられ
そのままにしておくと
心身が弱まってしまう。

でも、栄養をきちんととり
運動をすると、元気が取り戻せる
と期待できる人たちでも
あるとされています。

どのような基準で判断するか
△減量もしていないのに半年以内に
 3キロ以上体重が減った

△ここ2週間、わけもなく
 疲れたような感じがする

△運動や体操をしていない

△利き手の握力が男性26㎏未満
 女性18㎏未満

△歩く速さが毎秒1m未満

このうち3つ以上当てはまると
フレイルとされます。

転倒リスクや死亡率とも
関係があるとされ
国内では10%がフレイルだと
されています。

では、どのようなことを
心掛けるのか

栄養は、筋肉のもとになる
たんぱく質をバラスン良く
食べること

運動は、スクワットなど
筋肉に負荷をかけるようなこと
をして意識的に歩数を増やす

活動量が減りがちな
現在の生活では
今後フレイル状態の人が
増えると予測されています

ピノスけいはんなが提携している

関西医科大学付属病院
健康科学センター長
(日本臨床スポーツ医学会理事)
木村 穣先生も

コロナ禍においても
「個人に合った運動は
ストレス・生活習慣病・認知症
要介護などの予防・改善に
極めて有効です」

と、話されています。

できそうなことから
挑戦して
継続し
フレイル予防をしましょう

記事一覧へ

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事