フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

営業時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/日曜10:00〜19:00) 休館日:木曜

マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー

ツイートする

こんにちは(^^)/
朝晩、寒暖の差が激しくて体がついてけないなぁ…と
毎日感じている中村です。

先日、ハピネス5月号でご紹介した映画
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を見に行ってきました。





兄の死をきっかけに故郷に戻った主人公の「リー」は
16歳の甥っ子の面倒を見なくてはいけなくなります。
そして故郷を出てボストンで暮らすことになった
ある「出来事」と向き合う事になります。

多感な時期の甥っ子との生活や
リーを取り巻く人達との関わり方など
今までのリーの生活が一変していきます。
最後にリーが出した答えとは…

マンチェスターの素朴な街並みとBGMが
切なさを助長しているな…と思いました。

主人公「リー」を演じたケイシー・アフレックですが
この作品で今年のアカデミー賞・主演男優賞を受賞しています。

ぜひ、お1人でしみじみと味わっていただきたい作品だなと思いました。
時折ぐっとくるところがあるので(号泣はしませんが…)
涙腺の弱い方はハンカチをお忘れなく~

記事一覧へ

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事