フォームからのお問い合わせ

0774-95-6000

受付時間:平日10:00〜22:30 (土曜10:00〜22:00/休日10:00〜19:00) 休館日:木曜

カラダ作りの基礎になる

カラダ作りの基礎になる

ツイートする

ラグビーワールドカップが始まり
初戦見事に勝利し盛り上がっています
強靭なカラダがぶつかり合う迫力は
テレビを通しても伝わります。
歌手の米津玄師さんは、ニュース番組で
美しいとも表現していました。
そんな放送を見て思ったことを少しばかり
お付き合い下さい。

運動・栄養・休養によってカラダ作りはされ
ます。その栄養について、皮膚、腱、
内臓、筋肉の主成分はタンパク質です。
そのタンパク質を摂取していますか?
していますよ。で、終わりますね
必要な量を摂取していますか?
ちなみに体重1kgに対して
約1gが必要な摂取量で
筋肉の維持に必要な量です。

体重60kgなら60g

食品例です


必要量を摂取するのは意識しないと
難しいように感じませんか、実際に
不足している人も多いのが現状です。
理由の1つにラグビー選手のような
強靭なカラダ作りにのみタンパク質が
必要で、通常の食事で摂取できていると
思っているのではないかと考えます。

タンパク質は、体重1kgに対して1g摂取して
筋肉を維持するのに必要な量なのです。
運動している、していないは関係なく。
スポーツ選手が意識して摂取している
理由がお分かりいただけたのでは
ないでしょうか。

最近アメリカ留学が帰ったスタッフが
アメリカで販売している食品は
プロテインが何グラム入っているか
大きく表示されていると話していました。

記事一覧へ