陶器二三雄氏が日本芸術院賞されました

ツイートする

陶器二三雄氏が「日本芸術院賞」受賞

ピノスけいはんなの設計者である陶器二三雄氏が日本芸術院賞を受賞されました。
受賞対象となった作品は「文中区森鴎外記念館」です。授賞式は6月22日に日本芸術院会館で行われます。
この度の受賞について詳しくはこちら


陶器氏は数多くの作品を生み出されております。代表されるものの中に京都府精華町の国立国会図書館と合わせて、ピノスけいはんなもあります。ピノスはフィットネスクラブでは初のグッドデザイン賞を受賞しています。

ピノスけいはんなの見所もご紹介致します

ピノスけいはんなは自然いっぱいの緑あふれる施設になっています。
館内はシンプルに設計されており、清潔感があり、気持ちがいいと評判です。自然素材を使うことで、体に優しい空間になっています。

館内から見える中庭が自慢です。月日は「百代の過客」、行き交う季節の中で成長する木々に活力と癒しを感じることができるのはピノスならではです。

1年中快適に過ごせます。

ピノスは水に自信があります。
ピノスの水が優しいのは、マイオックスを使っており、塩素剤「0」の水だからです。

そしてプールは中庭と屋外ジャグジーに併設されており、自然の光のいっぱいの環境で泳げます。夏は涼しく、冬はポカポカと暖かく1年を通して快適に過ごせます。

スタジオはコンサートも開かれます

ピノスには70名と30名がご使用頂けるスタジオが2面あります。
スタジオではヨガ・ピラティス・エアロビクス・バレエ・ZUNBAなど・・・数々のレッスンを行っております。
レッスンの他に、ピノスにはスタジオで行われる名物イベントがあります。スタッフによるクラリネットを中心にしたクラシックコンサートです。
日々フィットネスで汗を流している皆様が、楽器の奏でる音色に「心がリフレッシュ!」できると好評をいただいております。

屋外ジャグジーは開放感溢れる安らぎの場

ジャグジーは屋外にあるので開放感があります。朝、昼、晩、一日のうちでも時間によって感じ方が異なり、また、春・夏・秋・冬、季節によって趣が変わることが屋外のジャグジーの醍醐味です。

夜になれば間接照明の灯りで、館内は一層落ち着きを増します。一日の疲れをすっかり忘れてしまうほど・・・うっとりしてしまいます・・・
その日の疲れはその日のうちに解消し、明日への活力を充電してぐっすり眠れること間違いありません。

施設紹介

ピノスけいはんな

〒 619-0238
京都府相楽郡精華町精華台9-2-4アピタタウン南館1階

駐車場
有り

● 時刻制限なし
● 1600台収容
● 無料駐車

  • 0774-95-6000
  • info@pinos-k.com

詳細はこちら

ご利用いただいているお客様の地域

精華町、京田辺市、木津川市、加茂町、山城町、奈良市、生駒市